toshimichanの日記

ブログの保管所

ねぇ濡れちゃったよ

ねぇ、濡れちゃった。


ソファーに座っていた俺の股の間に、パンツ一丁で割り込む様にお尻を捩じ込ませて早苗が座って来たのは一時間くらい前の事だった。

毎週月曜日のこの時間は、俺のお気に入りのドラマをやっているので、出来れば落ち着いてのんびりと観ていたかったのだが、ほぼほぼすっぽんぽんの彼女が、いつもの所定の位置に鎮座してしまった以上は、俺は仕方なく彼女の肩揉みをしなくてはならなかった。

ドラマは第8話にまで進み物語は佳境に向かっての転起に差し掛かっていて、それなりの集中力を持ってストーリーに集中したかったのだが、可愛い自分の彼女の肩凝りを救って上げない分けにも行かなかった。

俺がソファーに座っている時に、いつも彼女が座る場所は二ヵ所あった。
それは、今現在座っている、同じソファーの俺の股の間か、又はソファーの座面には座らずに、床にペタんと座ってソファーを背もたれに座る場合があった。

床に座る場合は、肩凝りがひどい場合で純粋に肩が凝っているので真剣に肩揉みをして貰いたい時。
そして、股の間に座る場合は、肩揉みもして欲しいし、イチャイチャもしたい時だった。

今回の場合は股の間に座ったので、肩揉みはさほど真剣にはやらずに、片方の手で肩を揉んでいる間のもう片方の手はおっぱいを軽く揉みながら腕を休ませると言うローテーションを取ればいいパターンだった。

ドラマの中では、港の夜景をバックに主役の男優が女優の背後から抱き付きながら愛を囁く場面を映し出していた。

「ねえ、私にも囁いてよ。」

いやいや、テレビの中は港街の雰囲気のある夜。
晩秋の寒い時期の設定で主人公達はしっかりと防寒気味の厚くてお洒落な衣服を着ている。

それに比べて俺達のシチュエーションと来たら、早苗はパンツ一丁で、しかも俺の片手はしっかりと彼女のおっぱいをしっかりと揉んでしまってるんだ。

何をどうしたって、同じカップルとして同調など出来る分けがなかった。

「あの女優さんてさ、あんな事をされてたら絶対に濡れちゃってるよね。」

「そんなもんなのかな?」

「女なんて、そんなもんだよ。」

俺は、肩揉みをしている時には乳首には触れない様に気を付けながらおっぱいを揉んでいるんだ。
うかつに、先っぽの乳首を刺激してしまえば、彼女はたちまちエッチモードに切り替わってしまい、火が着いてしまうんだ。
そうなってしまえば、そこから先の数時間は、その消火作業をして上げなければ彼女に余計な不満を抱かせる事になってしまう。

ある意味で彼女の乳首は爆弾で言う所の信管に当たるのだ。
逆に言えば、その気にさせるには実に簡単なスイッチでもあるのだけれど、
おっぱい星人の俺としては、彼女のおっぱいに触ると言う行為に関しては、遠慮や躊躇いなどは一切したくないんだ。
だって、自分の彼女の身体に触れるのに、気を遣いながら触らなければならないなんて、
それは俺の彼女として特筆すべき必質条件を満たしていない事になってしまうんだ。

環境の条件が満たされている状況ならば、俺は常におっぱいには触っていたい。

しかしながら、早苗はそのおっぱいが性感帯なので、おっぱいを触られる事に関しては何時でもウェルカムなのだが、触る以上は、そこから先の責任は確実にしっかりと果たして貰いたいと。
それが、二人の約束事として成立しているのだった。

残念だよ

何も起こらなかった。
そこからは、何も始まらなかったし、
何も生まれなかった。

幾つもの夜に数百に及ぶ
DMを送り合い文字で語り合った。

最初、俺はただ彼女を励ましたかっただけだったんだ。

お互いに、得体の知れない者同士が、このnoteで他愛のない感想のメッセージを残し、twitterのDMで触れ合う様になったんだ。

ただそれだけの話しなんだ。



彼女は傷付いてた。
一つは、一般的には有りがちで、世間的にはありふれた、さほど珍しくもない事案なんだけど、
それも本人にしてみれば、人生の区切りとしては辛く苦しく大変な出来事。

勿論、助けられるなんて思ってもいなかった。
ほんの少しでも彼女と向き合って励ませられれば良かったんだ。

けれど、彼女の抱えている苦しみは、そんな簡単で単純な話しではなかった。
世間で良くある家族との別れだけには留まらずに、そこから派生した身体的にも精神的にも追い詰められた痛みを抱えていたのだった。

こんな安易な場所での文字のやり取りでは何一つ、どんな些細な痛みにさえも触れる事なんか出来やしなかったんだ。




少しでも力になって上げたい。
そんな思いを抱いてしまう俺の悪い性格。

数年前にそんな俺の、たちの悪い性格から派生してしまっている、また別の彼女、ひろみと言う存在がその時点でもまだ身近に存在していたんだ。

俺は、その時点で世間一般的に言う所の不倫と言う悪事をしていたんだ。

言わば三人目の相手になってしまうかも知れない彼女。

いくら据え膳と言えども、そんな彼女に手を出す資格なんかが、その時点での俺にある分けがなかった。

ひろみとは、もう七年にも及ぶ付き合いになっていた。

そう、もう既に他人と言う雰囲気ではなかったんだ。

別れようとは、何度も何度もして来たんだ。
その度毎に、深まってしまう関係。
過激さをます身体のやり取り。

ひろみとは、当たり前のセックスなんてものは付き合い始めのほんの数ヶ月で飽きてしまい、ひろみの性癖にズブズブと沈み込んでしまっていたんだ。

ひろみは性的支配を望んでいたのだった。

痛みに因って快楽を得る、特異体質とでも言うのだろうか。

傷付けられる事に喜びを感じ、痛みを快感として受け入れられる特殊な女性。

それが、エスカレートして行くと、、、


ひろみの身体には、幾つもの傷跡が残されている。

その一つ一つの全ては、俺に愛された証だと、誇らしげに、嬉しそうに笑顔で俺の目の前に晒している彼女の幸せそうな姿は、俺が彼女から遠ざかる事を見事に防いでいたんだ。

安易には別れられない関係にまで傷付けてしまってたんだ。

しかし、そんな危険で濃厚な肉体関係を持ち続けられていたのは、俺の仕事が地方を渡り歩く出張族だったからこそだった。

月の三分一は、国内の地方への出張で家には帰らない生活をしていたんだ。
このコロナ騒ぎになる前までは、、、

生活が激変してしまった。

当然ながら、都内のコロナ渦から地方へ出張に行くなんて仕事が成立する分けもなく、
職種の変更や配置替え、余剰人員は切り捨てられた。

俺は末端の製造工場へと左遷され、自由に動き回れる時間が無くなってしまい、
当然、ひろみとの時間もほとんど作れなくなってしまっていた。

過激な肉体関係が結べなくなってしまったんだ。



丁度良い機会だったのかも知れない。

月に一度、朝から夕方までしか逢えない関係なんて、それまでの休日を挟んだホテルでの時間を気にしないで好き勝手にやり捲っていた二人からしてみれば、なんの気晴らしにもならなかった。

会えば不満がどんどんと募るデート。

デートがしたいんじゃない!

そこは不倫関係でしかなかったんだ。




ひろみは確実に俺の彼女だった。
俺の女だったんだ。




そんな思い出だらけのひろみと別れた。


だからと言って、直ぐに新しい彼女になんて心を傾ける事なんて、
そんな器用な真似を俺が出来る分けがなかったんだ。


大分、待たせてしまったんだ。

今更、連絡を取って、どうにかなる分けもなく、

結局は、
何も起こらなかった。
そこからは、何も始まらなかったし、
何も生まれなかったんだ。




言葉が出し難くて、人と話す事が難しいと言っていたけど、
そんな事は、気を遣わなくて良い相手だったら、どうにだって出来る筈だった。
無理に話しをする必要なんてないんだし、ただ側にいて、寄り添って目を合わせてさえいれば、気持ちなんて少しは通じ合えるんだって思ってた。

際限のない性欲だって、そんな女性とは何人かと付き合って来たんだから、そんな事では驚きもしなければ戸惑いもしやしない。
求めているモノは出来るだけして上げられる様に努力をするし、満足してくれるように頑張れたのにな。


残念。
しか残らない結末だったよ。

一昼夜の情事

黒すぎる藍色が、次第にブルーグレーに侵食されて行く空を二人で眺めていた。

夜明け前と言う名の、時計を見たくない時間帯に、俺の一物は彼女の体内でかろうじて息づいていた。

美し過ぎるパノラマ映像が、朝の始まりではない夜の終わり様と、まだ物足りなさそうな彼女の夜更けの延長が一致していた。

一物を包み込んでいる柔らかな温もりが更なる締め付けを繰り返しては、俺を急かせているのだった。

見開いた瞳に映した月を瞼に閉じ込めて、唇からは砕かれた月明かりを吐き出させるかの様にまた再び突き上げを開始する。

終わりなきセックス。

水面に映る湖面の満月が、一石に依って起こされる波紋の広がりに揺り動かされる月の様に、たわわに波打つ柔らかな乳房。

思わず掴んではみるものの、触り心地の、余りにも儚い柔らかさに心を奪われてしまい、図らずも無心に指を食い込ませてしまう。


突き上げる腰の動きに合わせて、悩ましくも美し過ぎる女体美が、俺の両腕の下に組み敷かれている。


根元を密着させて
恥骨をぶつけ合い、
体の重心を乗せて擦り着け合う。





思えば、暮れなずんで行く夕陽に照らされた黒髪を割って、ちょこんと顔を出していた乳首が可愛いくて、ちょっかいを出したのが始まりだった。

夜明けまでには、なんとかして終わらせたい交わりに、白み始める紺色の退きが彼女の肌をより一層に白く浮かび上がらせていた。

多分このまま、陽が高く登り切るまで俺はこの美しい女体を苛んで、ベッドの防水シーツを彼女の叫び汁で溢れさせなければならないのだろう。

空しか見えないテラス窓の際に置かれたベッドは、太陽と月と青空や夜空、星や雲に抱かれながら、神秘に包まれた妖艶な彼女の女体を心行く迄存分に虐め抜ける、二人の楽園だった。

汚れた栞

汚れてしまった栞を
挟んだページに綴られた
憂鬱と不安


行く先を
見付けなければならない
真っ白なページには
ペン先を向けられず
落書きすら出来なかった

あいつらはみんな
ここに何かを見付けて
思い描くビジョンが
あるのだろうか

俺だけが
取り残されたこの椅子で
ため息に汚される
ページから目を背けてた


毎日が楽しくて
辛い事ばっかりだったけど
その瞬間を重ねるのに
精一杯で
それが
今を生きてる俺らしさだった

間違っちゃいなかったはずだと
振り返りもせずに
突き進んで
迷いを楽しんでた
奴らと一緒に

突然、手渡された
将来を決める決断に
共に遊んでいた奴らは
そこには描けない

俺達は
この真っ白なページの中では
互いを離れて
一人で自分を
見詰めなければならないのか

間違えてはいなかった
だけど
それはそこまでの特権
許されていた青い空の下
俺達は
汗にまみれて
泥だらけだったんだ

何に対しても
憧れなんてありはしない
何がしたいなんて
思い付きもしないんだ

何も見て来なかった
汚れた大人の世界なんか
世の中のルールに
縛られるのが嫌だったんだ

何を今さら
ルールに飛び込めだなんて
牙を剥く事が楽しかったのに
牙を抜く事がこのページに
描かなければならない
ビジョンなんだろうか

七三でスーツにネクタイ
爽やかな笑顔

世の中を食い散らかした
灰色の牙は
真っ白なページの
栞になんてなりはしないんだ

卑怯者

そう、シックな落ち着きのあるダークブラウンのロングドレスが似合いそうな、綺麗な女性だったんだ。

でも、もしかしたら、
やっぱり、彼女も普通?ではなかったのかも知れない。

別に俺に取って普通かどうかなんて、そんな事はどうでも良かったんだ。

だって俺は、今まで付き合って来た女性の中には、そんな普通?ではなかったのかも知れない女性がいたんだから。

そもそも普通がなんなのかが、俺には分からなくなってるんだろうと思うんだ。




一瞬にして、人格が入れ替わってしまう彼女。
一人の身体に宿っている二人の性格の違った女性と三人で?同棲生活を送っていた。



傷付けられる事で性的興奮状態に陥り、陶酔してしまうなんて彼女もいた。
傷め着けられる事を好んで、その傷跡とそれを与えてくれた俺の側で痛みを味わっている時間が何よりもの幸せだと感じてしまう彼女。



俺はそんな普通?ではない彼女と何年も付き合って来れたんだ。

今さら、普通?じゃなくたって驚きはしやしないんだ。

もしも、その女性に取って俺って存在が、少しでも、その苦しみから逃れる為の足掛かりになるのならば、
俺は寄り添って上げたかった。

だけど俺は深追いはしない。
出来やしない。

だって俺には、その女性の力になれる自信なんてないのだから。

余計に苦しめてしまう可能性すらあるのだから、深追いまでして接点を持つべきではないんだと思ってるんだ。

十分に寄り添う事も出来なければ、いざと言う時に助けて上げる事も出来ない立場の俺が出来る事なんかは限られているんだし、
それが出来たとしても、それがその女性の幸せに繋げられるとも限らないんだし。



一旦、
サイコロは投げてはみた。



番号もLINEもDMも、連絡手段はまだ何一つ断ち切ってはいない。
連絡は取ろうと思えばいつでも取れる状態のままである。
だから、サイコロがどんな目を出して、その数が何を指したのかを俺は見ていないんだ。


そのサイの目を彼女が教えてくれるのを待っている。


俺はズルいのかも知れない。
いや、きっと卑怯なんだと思う。
卑劣な手段だと分かっていながら、こんな物で心情を吐露しようとしているなんて。



だけど、それを解っていながらも俺は、
深追いをしないんだ。

ただ、こんな卑怯者の俺がはっきりと言える事は、彼女は綺麗だった。
とても素敵な女性だった。



彼女は俺に何を求めていたのだろうか?
DMのやり取りがしたかった分けではない事は、そのDMから伝わって来てたんだ。

色んな悩みを赤裸々に打ち明けてくれていたんだけれど、その悩みのどれもがが大き過ぎて俺にはとても対処し切れない内容だったんだ。
ただ、悩みってのは誰かに、俺に話をするだけで、ほんの少しは楽になれたりするから、それでも良かったのかな?なんて勝手に思ったりもして。


もしも、それを乗り切って、例えば逢う事を繰り返せる様になった時に、
彼女の目的を解って上げていなければ、それはただのデートになってしまうんだ。


打ち解けて欲しかったんだ。

文字だけの交流でなんて、人は理解し合えないのかな?

卑怯者は、いつまでたっても、
この文字の世界からは抜け出せずにいます

潰えた思い。

こうなるべきだと、ずっと以前から考えていた。

そう、どう見ても俺には似つかわしくない相手だったから。

「愛人」と言うよりも、世間的には寧ろ親娘のように見えていたんだと思う。
なので、街中を歩いている時に手を繋いでいる事が妙に不自然に感じていたんだ。
時には、俺の腕を抱くように両腕で包み込んで体をくっ付けて歩いていた。
上腕の辺りが胸の谷間に収まって柔らかさがリアルに腕に伝わり、手のひらが下腹部の近くで行き場に困っていたんだ。

そんなベタベタとした不自然な男女なんかが親娘になど見えている筈もなかっただろうに。


「枯れ専」と言う言葉がある。

いわゆる高齢者を好む性癖?
性癖ではないのかも知れないが、好きになってしまう?
恋愛対象としてではないのだろうが、とりあえず一緒にいる時には普通に彼女として振る舞ってくれたんだ。
恋人の様に、彼女の様に、愛人の様に。

彼女は決して若いと言われる様な年齢ではなかった。
アラフォーと呼ばれる、いわゆる成熟した大人の女性なので、世間的には彼女に対しては女の子とは呼びはしないのだが、
俺の年齢からすれば、それくらいの年頃の娘がいたとしてもなんらおかしくはない年齢差だったんだ。
だからと言って、そんな親娘ほどの年齢差がある男女がベタベタして歩いていたからと言って、それを親娘と思ってくれる人など街中には一人もいないはず。

かと言って、彼女が商売女らしく見えるのかと言えば、
その辺の所は、俺にはなんとも言えなかった。

ベタベタしてくれるのは凄く嬉しいのだけれど、人前では普通に並んで歩いた方が、変な気を使わなくて済むんだけど、
嬉しそうにくっ付いて来られてしまっては、それを嫌だとも言えなかった。
何故なら、彼女は可愛いかったんだ。
可愛いくなったんだ。

からしてみれば、正に娘世代の女の子だった。

一般的には女の子なんて言える年齢ではないのは、十分に承知している。

けど、俺に取っては、可愛い女の子だったんだ。

ああして欲しい、こんな事をされたい。
もっと、深い世界を知りたい、行ってみたい。
貴方に連れて行って欲しい。
と、甘えてくれたんだ。
甘える事に勇気が要らなくなってくれたんだ。




今でずっと孤独に生きて来たんだと何度も話していた。
最初の頃には、ぎこちない笑顔が泣き顔なのかと勘違いしてしまうほどに、楽しそうに笑う事が下手くそだったんだ。




ただ笑って欲しかっただけだった。
笑顔が見てみたいと思っただけだったんだ。
泣いてばかりだったから、
泣いている隙間に、ちょっとでも笑える出来事を挟む事が出来れば、
彼女が自分は笑えるんだと自覚が出来れば、笑う為の努力をする様になれるって信じた。

悲しみが無くなる分けじゃないけど、
孤独を忘れ、辛い事から目を逸らせる分けじゃないけど。
下らない事、つまらない事、面白い事、楽しい事に目が向く様になるんだ。


こんな俺が、何かをして上げられるなんて思っていなかった。
悲しみも苦しさも、どうにか出来るなんて大それた事なんか出来やしない。

ただ、
笑ってくれないかな?
どんな笑顔なんだろうな?
それだけだったんだ。



やがて
恋をしてみたいと言い出した。
愛される経験をしたいと言い出した。
女としての幸せを知りたいと言い出した。


それは、
俺にはどうする事も出来やしなかったんだ。

恋愛なんて、たまたま偶然に出逢った二人で簡単に出来るモノじゃないし。

況してや、守備範囲を超えた立場と年齢差は同じ空間に存在すらしていない世界観の中にいるのだから、交わる部分など一つもありはしないんだ。


それは、俺にはどう転んでも叶えて上げられない願いだった。




時に人生には、大きな落とし穴があるのかも知れない。


俺には、家庭があった。
妻がいて子供がいる。
妻を愛している。
俺には取って掛け替えのない、何よりも大切な妻と子供がいる。

一生寄り添うと違って、もう半分位の人生を共に生きて来た大切な妻がいるんだ。



多分、独特で特殊な生き方をして来たのだと思う。
他人の事をとやかく言える様な生き方をして来た俺ではないけれど、
彼女の育って来た環境、三十路過ぎるまで過ごして来た家庭や身の回りの社会が、俺には理解し難い仕組みだったんだろうと思う。


俺を一人の男として、身近にいてくれる男として見てくれる様になってくれたんだ。

俺が彼女の恋愛欲の中に映し出されてしまったらしいのだ。
彼女の性欲に触れてしまったらしい。



何年間も付き合って、
笑ってくれる様になった。
拗ねる様にもなったし、ぶつぶつと不満を呟いたり、我が儘も言う様になった。



「こんな女なのだから、貴方に寄り添って普通?の幸せなんかを保ち続けられる訳はない。」

彼女自身も、自分が普通ではない女なんだと自覚はしていたんだ。

だから、
「貴方を困らせたくはない。」





そこに集約された二人の答えは、
別れるしかなかったんだ。

健康診断

実は、今月の7日から明日22日までの16日間、会社を休んでました。

お盆休みにワクチン注射休暇に健康診断と持病の定期通院を連続でくっ付けたらば、なんと16日間もの夏休みが成立しちゃったんですね。

でも、災害が起きる様な嫌な雨続きに加えてこのコロナ禍の中で病院通い。
しかも、病院内でクラスターが発生してるってネット情報が流れてる総合病院に箱詰め状態。

いや、健康診断ってさ、病気を見付ける為にするんであって、病気になりに行くんじゃないんだよね。
しかも、もしも何か重大な病気が見付かったとしてもこのご時世で入院して治療なんか出来ないでしょ。
となると、なんの為の健康診断なんだろうか?

案の定、病院は空いていた。
そりゃそうだ。
クラスター発生の情報に人々は敏感になってるんだからね。


で、健康診断は20日の昨日の話し。
朝の8時過ぎに受付を済ませてから直ぐに開始。
健康診断用のバフバフした患者着な着替えて、直ぐに身体測定。
若くて可愛い事務のお姉さんに、身長体重、腹位、体脂肪率、血圧を測って貰ってから、その他の簡単に済ませられる検査を済ませてから本番。
採血、採尿、心電図やレントゲンと、トントン拍子に進む。

がしかし、トラブル発生!
眼科で眼底検査の、あのビカッと光って、目の前が真っ白になる写真撮影の機械がパソコンと上手くリンクされなくなったらしくて、、、
俺の眼底がスクリーンセイバーの様な虹色のもやもやとした雲になってやがる。

慌てふためく検査担当のお姉さん。

ちょっと待って下さいね。
なんか調子が悪くて、一度シャットダウンしてから、また立ち上げて見ますので。

あれ?電源が入らない?みたい?

わさわさと受付のお姉さんやら、検査のお姉さんやら、薄暗い検査室に集まって来て、なんとお姉さんだらけに。

あっちこっちに連絡して相談してわさわさ、ごちゃごちゃ。
とうとう検査室の灯りが点けられて、パッと明るくさせられて、、、

いや、急に眩しいんですけど、、、
俺、お薬で瞳孔が開いちゃってんですけど、、、

とりあえず、前の待ち合い椅子でお待ち頂けますか?

蛍光灯が真夏の太陽の様に眩しんですよ。


暫く待たされた挙げ句に、
眼科医の先生が目視による検査をしますので、順番が来ましたらお呼びしますのでお待ち下さいとの事。
待つ事30分、ギャルかよ!って突っ込みたくなるようなチャラい女医さんが、
眩しいってのに、眼にピカーっとライトを当てて、

あー、だいじょぶだいじょぶ。
きれいきれい。
心配はないですよ。
かるっ、めっちゃかるっ。
友達じゃねぇんだけど、
てか、そのライトで全く視界ゼロなんすけど、

介添えが無ければ椅子から立ち上がる事も出来ない盲目状態。
手を引いてくれているお姉さんが、可愛いのか若いのかさえ分からない始末。
くっそ。
よろけたふりして抱き着いてやろうか!
などと、視界が塞がれると不埒な思考回路がフル稼働するんですよね。
しかし、若くないかも知れない。
兎に角、視力回復に努めなくては、、、



結局、病院を出たのは昼過ぎの1時ちょっと前でした。